Iteration Retrospective

チームがもっと効率を高めることができるかを、定期的に振り返り、それに基づいて自分たちのやり方を最適に調整します。

– アジャイル宣言

反復振り返りの概要

各反復の終わりに、アジャイルチーム(スクラムを適用するチームとカンバンを適用するチーム)のメンバーは集まり、反復の振り返りを行う。チームメンバーはプラクティスを議論し、改善方法を識別する。このミーティングは1時間以下の時間枠で、うまくいったことうまくいかなかったこと今後よりよく行うべきことを明らかにする。

各振り返りは定量的と定性的的な側面で行う。定量的な評価では、チームが自分のパフォーマンスを測定するために使用するメトリックスを収集し、レビューする。定性的な部分では、チームが様々なプラクティスを議論し、前の1、2の反復にて直面した特定な課題について議論する。問題が識別された後、根本原因分析を行い、潜在的な是正活動を議論し、改善ストーリーをチームバックログに追加する。

詳細

アジャイルチームは反復振り返りを用いて、完了したばかりの反復に対し振り返りを行い、プロセスを改善するために新しいアイデアを導き出すことである。この活動は、個人やチームでSAFeリーン-アジャイルの考え方の1つの柱である容赦なくの改善をはぐくむことに役立ち、各反復でチームが確実にプロセスのいくつかの小さな改善を行うようにすることに役立つ。

チーム全員が振り返りに参加する。スクラムマスターrが振り返りを主催する。また、データ収集と問題解決のために、ツールとプロセスの適用を支援する。チームは振り返りを定量的と定性的の2部構成で実施する。

定量的レビュー:チームは自分達が反復のゴールを満たせたかを評価する。これ「はい」、または「いいえ」の選択式で行う。チームは分析することに合意したメトリックスも収集する。そのメトリックスには、新規に開発した部分と保守に投じられた部分の両方についてのベロシティーが含まれてなければならない。アジャイルチームは可視性のため、またプロセス改善のため、他の反復のメトリックスも収集し適用する。このデータは以下の定性的セクションの前提知識として機能する

定性的レビュー: まず、チームは前回の振り返りに識別した改善ストーリーをレビューする。それから、次回の反復で改善できそうなことを1つ、2つ見つけることに注力して、現在のプロセスを分析する。数多くの改善ストーリーはスコープが大きいので、チームはより小さな改善ストーリーに分解しなければならない。このように、1つの反復で改善できることに注力できる。

反復の成功に関する主観的な意見を引き出すために、いくつかの人気のあるテクニックがある([1]もご参照):

  • 個人作業 – 各人がポストイットに書き出し、グループ分けし、パターンを発見する
  • 評価 – 誰かがあなたを支援したか、またチームを支援したかを書き留める
  • 概念的 – 一言でスプリントを説明する
  • 格付け – 1-5の5段階で反復を評価する。その後、次は5になるためのアイデアをブレインストーミングで洗い出す
  • シンプル – 3つの列で、オープンな討議をする

最後のテクニックは良く利用されたやり方である。スクラムマスターは単に「うまくいったこと」、「うまくいかなかったこと」、「次回よりよく行うために行うべきこと」と書かれた3枚の紙を貼り、オープンなブレインストーミングを開催する。図1に示したように、これはやりやすいし、達成したことや問題が可視化させることができる。

Figure 1. One team's retrospective results
図1. チームの振り返りの結果

アジェンダ

以下は反復振り返りのアジェンダの見本である。

第一部:定量的
チームは反復のゴールを達成できたか?(はい/いいえ)
合意した反復のメトリックスを収集し、レビューする

第二部:定性的
前の反復の改善ストーリーをレビューする。すべて完了したか?完了しなかった場合、何をすべきか?
この反復に関して、以下を分析する

        
  • うまく行ったこと
  • うまくいかなかったこと
  • ?次回よりよくするために何をすべきか

ガイドライン

以下は反復振り返りの開催を成功させる心得である:

  • ミーティングの時間は1時間以下の時間枠にする。覚えてください、これは2週間ごとに開催するのであり、目指すのは小さな継続な改善ステップを重ねることである。
  • 次回によりよく行うために、できることが1-2件を選び、次の反復の改善対象として、改善ストーリーとして追加する。
  • 各メンバーが発言できるようにする。
  • 振り返りは改善の主要な手段であるため、スクラムマスターは時間をかけて準備しなければならない。
  • 他の改善できることではなく、チームが対処できることに注力する。
  • 定量的レビューの初めに、前の反復の改善ストーリーがレビューされるようにする。そうすることによって、進捗を示す。
  • このミーティングはチームのためのものであるため、参加者はチームメンバーに限る。


さらに知りたい場合

[1] Derby, Esther and Diana Larson. Agile Retrospectives: Making Good Teams Great. Pragmatic Bookshelf, 2006.(邦訳:アジャイルレトロスペクティブズ 強いチームを育てる「ふりかえり」の手引き、オーム社、2007)

[2] Leffingwell, Dean. Scaling Software Agility: Best Practices for Large Enterprises. Addison-Wesley, 2007. Chapter 15, “Regular Reflection and Adaption.” (邦訳:アジャイル開発の本質とスケールアップ 変化に強い大規模開発を成功させる14のベストプラクティス、翔泳社、2010)

 

Last update: 28 October 2015