SAFeのリーン-アジャイルの原則

リズムと同期によって変動の蓄積を制御する。

─Don Reinertsen, Principles of Product Development Flow

第7原則─リズムを適用し、ドメイン横断的な計画策定で同期する

ソリューション開発とは、そもそも未確定なプロセスである。もし未確定でないなら、ソリューションはすでに存在することになり、次世代の革新の余地はない。この固有の未確定性は、投資を管理し、進捗を追跡し、妥当な行動方針を計画して確約できるよう将来的な成果について十分に確定させるという、ビジネスのニーズと食い違う。ソリューション開発は常に分岐点に立っている。これはソリューション開発に特有の難問、つまり、成果が未確定であるのにビジネスの確定性が必要とされるという矛盾である。だからこそ、おもしろいのだろう。

リーンなシステム構築者は、十分に未確定なため革新の自由が得られると同時に、十分に確定しているためビジネスが機能できるという、安全地帯で仕事をする。これを達成する一番の方法は、現在の状態についての真実の知識を持ち続けることである。それには、リズム同期ドメイン横断的な計画策定が役に立つ。

リズム

リズムによって周期的なパターンがもたらされ、その鼓動に合わせてプロセスを進めることができる。リズムを利用することで機械的に行える部分を機械的にできるため、システム構築者は、変動するパラメータの管理に自分の知的処理能力を充てることができる。リズムによって、予測不可能なイベントが予測可能になり、次のような多くの利点がもたらされる。

  • 待ち時間が予測可能になる。待っている作業が今の時間枠に含まれないなら、おそらく次の時間枠に含まれるだろう。
  • 計画を立てやすくなり、リソースをより効率よく使用できるようになる。
  • リズムが強制関数の役割を果たし、計画策定、統合、デモ、フィードバック、振り返りといった主要イベントの処理コストを下げることができる。

同期

同期によって、複数の観点を同時に理解し、解決し、統合することができる。同期は次の目的で使用する。

  • システムのばらばらの資産を1つにまとめて、ソリューションレベルの実現性を評価する。
  • 共通の使命に向けて開発チームとビジネスの足並みを揃える。
  • 顧客を開発プロセスに組み込む。
SAFeのリズムと同期の調和

まとめると、リズムと同期、そしてもっとも重要なそれに関連する作業によって、システム構築者は、未確定な安全地帯の中で確実に仕事をすることができる。

ドメイン横断的な計画策定で同期する

発生するすべてのイベントの中で、ある1つが最も重要である。つまり、すべての利害関係者が集まって行うドメイン横断的な計画策定と同期である。このイベント(SAFeのリリース(PI)計画イベント)が要となり、他のすべてのイベントはそれを中心に行われる。これは、全員が出席する、現在の状態についての真実の知識を示す機会でもある。このイベントの目的は主に次の3つである。

ソリューションの現在の状態を評価する。現在の状態についての客観的知識は、統合済みのソリューションレベルのデモと評価で判断される。これは通常、計画イベントの直前に行われる。

技術/ビジネスの共通のビジョンに向けてすべての利害関係者の足並みを揃える。現在の状態を基に、ビジネスと技術のリーダーは、使命を設定しなおし、制約をできる限り少なくする(第8原則および第9原則)。こうすることで、短期および長期の共通のビジョンに向けて、利害関係者全員の足並みを揃えることができる。

次のプログラムインクリメントを計画し確約する。新しい知識を基に、チームは次の時間枠で何を達成できるかを計画する。計画や制御を分散させることで、決められた制約の中で最善のソリューションを達成するための最善の計画を作成する権限がチームに与えられる。

大規模システムの開発は基本的に社会的作業であり、この計画イベントを利用して継続的に人の社会的ネットワークを構築し向上させることができる。

ソリューション開発につきものの未確定性を解消する薬は存在しない。存在するとしても、もとの病気よりも確実に酷い状態になるであろう。しかし、リズム同期定期的なドメイン横断的計画策定を適用することで、リーンなシステム構築者は、安全地帯で仕事をするのに必要なツールを手に入れることができる。


さらに知りたい場合

[1] Reinertsen, Donald.The Principles of Product Development Flow:Second Generation Lean Product Development.Celeritas Publishing, 2009.

[2] Kennedy, Michael.Product Development for the Lean Enterprise.Oaklea Press, 2003.

Last update:11 May 2015