guidance-icon

すべてのモデルもある意味「間違っている」が、,いくつかは役に立つ[1]
 
– George E. P. Box

SAFeの要求モデル

SAFeは「拡張可能な要求」モデルを提供し、エピック、システム能力、フィーチャー、ストーリー、非機能要求(NFR)等の成果物を用いて、システムの振る舞いを表す。このモデルを利用し、大企業に、また、規模がそれほど大きくないが、複雑なシステムを構築している企業に、リーン及びアジャイル開発の恩恵をもたらすように支援する。これらの成果物によって、従来のシステムや要求仕様を、リーン-アジャイル開発に基づく新しいパラダイムに置き換える。システム構築者が、学習プロセスにおいて、特定な要求や設計を早すぎる段階で選択するという早すぎ「ポイントソリューション」を回避することに集中するように、これらの新しいパラダイムが狙いである。これによって、特定性ではなく、意図に基づいた新しい理解に一定的空間を残す。

さらに、世界で最も重要なシステムに関して、品質要求が妥協できない。それをサポートするために、属性や受入れ基準、およびテストに関するパターンと相互の関係も含まれる。

上記を一緒に考えると、図1に示すように、簡単なモデルではない。

Figure 1. SAFe Requirements Model
図1. SAFe要求モデル

ほとんどの実践者はこれらの項目の一部だけを必要とする。(例えば、チームは主にユーザーストーリー、ストーリーの受け入れテストやNFRを利用する。SAFeの3階層モデルに置いても、システム機能部分がなくなる)。とはいえ、各要素は異なるレベルでの振る舞いやテストを表現するために、適切な面を提供できるように設計されている。

システムとしてどのように連携し動作するかを理解しなければならないコンサルタント及びSAFeの専門家、意味が明確でなければならないSAFe関連のツールを提供する方にとっては、このページが必要だろう。

注:このモデルが複雑に思えるとしたら、それは現代の大規模なソフトウェア及びシステム開発が、たとえアジャイルな手法を採用したとしても、複雑だからである。なお、必要でなければ、使用しなくても問題はない。しかし、チームやプログラムが可能な限り最高な品質で世界トップクラス企業のソリューションを構築する場合、このモデルが好ましいかもしれない。


さらに知りたい場合

[1] http://www.goodreads.com/quotes/680161-essentially-all-models-are-wrong-but-some-are-useful

Last update: 1 November, 2015